業務内容

戸建住宅 単世帯・2世帯(複数世帯)

建替えはもちろん、土地探しの際もご相談ください。 ご要望を基に地域、敷地の特性を活かすアイデアを盛り込んだ提案をいたします。

土地活用 (集合住宅・賃貸併用住宅)

収益物件の計画は、目先の収支だけではなく、特に建築10年目以降も市場において勝負ができる魅力が必要です。 その地域のニーズやご要望を踏まえつつ、収益面を考え合わせた最善の提案をいたします。

リノベーション 戸建住宅/集合住宅の住戸/建物全体のコンバージョン

戸建住宅の場合、躯体の耐震・耐久性といったハード面への割合が 大きくなることもありますが、生活動線や空間の質を重視した設計と することで、家は見違えるようになります。

店舗デザイン

流行やお仕着せのデザインではなく、建築士事務所ならではの アプローチで、動線や使い勝手、お店の雰囲気づくりやファサード デザインなどを総合的に提案しています。

業務の流れ(お問い合わせから竣工まで)

01
お問い合わせ
住宅の新築をはじめ、建物の建設をお考えになられましたら相談は無料で承っております。
まず、お電話またはメールにてお問い合わせください。お会いする日時を調整させていただきます。
また、敷地が決まっていない場合でも是非ご相談ください。
02
ご相談
ご相談は、私どもの事務所にて、又はご希望の場所をお知らせください。
敷地が決まっている場合は資料をお持ちください。
計画の概要、ご要望についてお伺いします。また、私どもの考え方や仕事の進め方を
今までの設計例なども交えながらご説明して参ります。
疑問点などはこの機会にどんどんぶつけてください。

良い感触が得られましたら次のステップへご要望により計画案の作成をいたします。

03
敷地調査/計画案の作成
計画案の作成に先立ち敷地の現地調査をさせていただきます。
土地の条件は千差万別です。
地域・敷地の特性を読み取り、ご要望や諸条件と照らし合わせながら計画案を作成していきます。
04
プレゼンテーション
敷地調査より3週間程度のお時間をいただき、計画案の提案をさせていただきます。
図面・模型などを基に計画の方向性やイメージをご確認ください。

そして、私どもとこれから設計を進めていかれるかどうかご検討ください。
尚、内容によっては修正案を1案作成いたします。
05
設計契約
ご依頼をいただけました場合、設計契約(設計・監理業務委託契約)を結んでいただきます。
また、契約に先立ち重要事項説明をいたします。

私どもは個々の敷地の特性を最大限に生かし、ご要望に真摯に向き合い、
クオリティの高い建物の実現を目指しています。
住宅の場合、完成まで1年余りの期間となりますが、住まれてからのアフターケアも通し
長いおつきあいをさせていただきます。
設計監理料の10%
06
基本設計(2ヶ月~)
契約後は、今までの提案、打ち合わせ内容を基にプランを詰め、
平面・立面・断面・主な使用材料・設備・など建物の基本的な方針を決めていきます。
通常、2~3週間に1回程度の打ち合わせを行い、納得のいくまで検討を重ねます。
また、関係官庁との協議を随時行っていきます。
設計監理料の25%
07
実施設計(2.5ヶ月~)
基本設計図を基に詳細な設計作業に入ります。
この間も2週間程度ごとに打ち合わせを行い、確認及び新たな要望などを調整しながら実施設計図を完成させます。
工事金額の見積りを依頼するために、この段階でほぼ全ての内容を決めることになります。
使用材料はサンプルなどで確認いただき、場合によってはショールームなどでご覧いただく場合もあります。
また、関係官庁への事前相談、建築確認の事前申請などを行います。
設計監理料の25%
08
見積/調整(1.5ヶ月~)
実施設計図を基に、施工会社に見積りを依頼します。
通常、2~3社に依頼し比較・検討をしますが、工事の内容や状況によっては1社に絞ってお願いすることもあります。
また、依頼先についてのご要望などありましたらお知らせください。
見積り期間は通常3週間程度となります。
相見積りとした場合は、最終的に価格だけではなく技術・メンテナンス体制もふまえて判断していきます。
施工会社が作成した見積りを精査し、必要に応じて減額案を作成します。
並行して申請等も進め、着工に備えます。

仕様、金額についてまとまり次第、施工会社と工事請負契約を交わしていただきます。
設計監理料の10%
09
工事監理(5ヶ月~)
ご要望により、工事に先立ち地鎮祭を執り行ないます。
工事中は進行状況に合わせ週に1回前後現場に足を運び、工事の進行状況を確認します。
設計事務所が行う工事監理とは・・・
クライアントの代理として、工事が設計図に基づき適正に行われているかどうかを要所要所でチェックしていくものです。
単に現場の状況を確認するだけではなく、施工図面の内容を確認し必要な指示を出したり、図面で表現しきれない細かな部分の納まりや、仕上材の取り合いの検討など、
施工サイドとの打ち合わせを行い、建物の質を高めていきます。

工事期間中も、ご一緒に現場を見て頂いたり、仕上材などの最終決定や塗装色の確認など、打ち合わせをお願いいたします。
建築確認検査機関による完了検査を受け検査済証を受領します。
建物上棟時
設計監理料の15%
10
竣工 引渡し
設計事務所検査、施主検査、手直しなどを経て竣工・引渡しとなります。


設計監理料の15%
11
アフターケア
竣工が終わりではありません。
半年後・1年後・2年後の節目には施工会社立会いにて、定期点検に伺います。
また、メンテナンス、その他のご要望にも対応して参ります。

費用について

01
設計・監理料
U建築設計室では建物の構造・規模を基に設計・監理料を算出しています。
構造/規模 計画延べ面積(坪)あたりの設計単価
木造 90,000円
鉄骨造 100,000円
鉄筋コンクリート造 110,000円
上記の設計基準単価を基に
*建物の大きさ、階数
*敷地条件や居住形態などの要素
*建物の仕様
などを加味して設計単価を決定し、設計・監理料を算出します。
集合住宅、店舗、住宅のリノベーションなどは、個別に算出いたしますのでお問い合わせください。
02
建築確認申請業務費
(確認申請書類作成及び申請費用)
構造/規模 建築確認申請業務費(税別)
木造 2階建てまで 100,000円
上記以外の建物 200,000円
03
その他の費用
構造計算費用(木造30坪の建物で30万円程度、計画後個別に算出します。)
敷地測量、地盤調査費、確認申請・中間検査・完了検査手数料(検査機関納付分)
登記費用、祭典費用(地鎮祭) など

また、建設地が遠方の場合、確認申請以外の申請(許可申請等)が必要な場合は、別途費用が発生することがあります。
04
支払い時期
設計監理料のお支払いを下記のように6回に分けてお願いしています。

第1回目 設計契約時 10%
第2回目 基本設計終了時 25%
第3回目 実施設計契約時 25%
第4回目 工事契約時 10%+確認申請業務費
第5回目 上棟時 15%
第6回目 完成時 15%